【初心者オススメ】BLACK&DECKR電動工具エントリーセット

DIY

こんにちは。メダカです。

DIYを始めるとノコギリで木材を切ったり、サンドペーパーで表面を研磨したり、ドライバーでネジを絞めたり、作りたい物がたくさん出てきます。

手作業でやるのもいいですが、切り出す材料が多かったり、研磨のする物が多かったりすると正直しんどいですよね?

時間もかかるし、長時間やってると腕や腰が限界

そんな時最適なのが電動工具です。

電動工具があれば、劇的に作業スピード、効率が変わります。

そして腕、腰などの疲労も軽減され楽に作業が進められます。

でも色んなメーカーがあってどれがいいか分からない

値段も結構高いんだよねー

確かに、makita、BOSCH、RYOBI、HiKOKIなどが有名なメーカーが沢山あり、値段もそれなりにします。

そこで今回紹介したいのが、BLACK&DECKRさんの電動工具です。

BLACK&DECKRはアメリカのメーカーで、世界初の家庭用電動ドリルを発売。

『Do-it-Yourself』(DIY)を合言葉にアメリカに日曜大工を普及させた会社です!

値段も安く、DIYをやるのには機能は十分なのでコスパはいいと思います。

自分も使ってみて、DIY初心者で初めて電動工具を買う方、これからDIYを始めてみようかなと考えてる方向けに紹介したいと思います。

スポンサーリンク

BLACK&DECKR DIYエントリーセット

BLACK&DECKRさんからはジグソー、サンダー、ドリルドライバーがセットになったDIYエントリーセットというのが発売されています。

別々でも売っているんですが、別々で買うと1万4000円から1万6000円くらいしますが、時期にもよりますがセットで買うと1万円以下で買う事が出来ます!

コンパクト・オービタルジグソー

ジグソーは木材カットに使用します。

丸鋸でもカットは出来ますが、刃が大きく、キックバックもあったり初心者には怖いと思うので最初はジグソーの方がいいと思います。

ジグソーは曲線のカットも出来るので、持っているとDIYの幅が広がります。

付属品で刃が3枚付いてきます。木工用2本と曲線カット用1本

刃はワンタッチで取り外しが出来るのでとても便利です!取り付けた様子ですが直角がしっかり出ています。

コードの長さが3mあるのも嬉しいところです。

コンパクト・オービタルサンダー

オービタルサンダーは表面の研磨に使います。

表面が滑らかになり、塗装前などに行います。

このサンダーは目盛がついており、スピード調節が出来ます!

パワーも十分あり研磨作業がとても楽になります。

材料によって切り替えれるのが嬉しいですね

サンドペーパーを取り付ける時は、マジックテープもしくはクリップを下げてサンドペーパーを挟んで取り付けます。

スマートドリルドライバー

ドリルドライバーはネジ締め、穴あけ作業に使います。

インパクトドライバーもありますが、力が強い為、初心者はドリルドライバーから使った方がいいと思います。

ドリルモードとトルクが23段階で調節できます。ネジ締めした時に締めた後トルクがかかりそれ以上締めなくなるので、初心者でもネジを潰さないようになってます。

ドリル、ビット取付はチャックレスで工具不要の為、先端を手で回してを取り受けることができます。

スポンサーリンク

まとめ

BLACK&DECKRさんの電動工具は価格は安いですが、とてもよく出来てきて価格以上の性能なので初めて電動工具を買いたい方にはオススメしたいです。

またDIYを始めたいけど、工具が高くてDIYをやろうか迷ってる方にもオススメしたいです。

DIYに慣れてくると、『もっとこんな機能が欲しい』『この電動工具が欲しい』となってくると思います。

まずはエントリーセットでDIYに慣れて、その後には自分の欲しい機能、工具を探して買うのも楽しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました