あると便利なDIYアイテム~ダブルビットジョイントでドリルドライバーの効率アップ~

工具

こんにちは。メダカです。

DIYで必ず使う電動工具の1つ【ドリルドライバー】

穴あけ、皿もみ、ビス打ちなど沢山の用途で使用しますね

用途ごとに先端のビットを交換する為、複数使用する場合は意外と手間ですよね?

毎回チャックの開け閉めは面倒だよね

インパクトドライバーがあって2、3台体制なら楽だけど

電動工具は高いし、すぐ買えないよー

確かにDIYを始めた頃は【ドリルドライバー】しか持っていない人もいると思います。

今回は【ドリルドライバー】しか持っていないDIY初心者に役立つあると便利なアイテムを紹介します。

この記事はこんな人にオススメ!
  • ドリルドライバーしか持っていないDIY初心者
  • ドリルドライバーのチャックの開け閉めが面倒と感じている方
  • DIY作業の効率をアップさせたい方
スポンサーリンク

あると便利なDIYアイテム【ダブルビットジョイント】とは

ドリルドライバーにあると便利なDIYアイテムが【ダブルビットジョイント】です。

ダブルビットジョイントはドリルドライバーにドライバービットを取り付けたまま

先端に別の工具を取り付けが可能になるジョイントパーツです。

クイックチャックの為ワンタッチで脱着が可能となります。

色が『ブルー』『レッド』『ゴールド』の3種類があります。

スポンサーリンク

ダブルビットジョイントでドリルドライバーの効率アップ

まずドリルドライバーにドライバービットを装着

この時6.35㎜軸用のビットを使用してください。

次にダブルビットジョイントを装着

差し込むだけで装着可能です。

あとは先端に使いたいビットを装着すればOKです。

『下穴錐』『ドリル』『面取り錐』などを装着可能です

ワンタッチで脱着可能な為、先端の工具を使用した後にすぐにドライバービットを使用する事が出来るので作業効率が大幅にアップします。

まとめ

とても便利なダブルビットジョイントですがデメリットとして

先端が長くなってしまう事です。

その為ドリルで穴あけの際、多少の軸ブレがあるのでかなり精度のいる加工の時には不向きかもしれません。

ですがドリルドライバーのチャックの開閉がない分作業効率は大幅にアップするので

ドリルドライバーをもっているなら1個は持っておいて損はないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました